プリンタを買い換え時のインクの失敗談

プリンタを買い換えるとき家にあるインクを使えるものを買う人も多いと思います。今回は父親がしたプリンタ買い換え時のインクに関する失敗談を書こうと思います。

父親は数年前倒れ、その時運悪く頭を打ってしまい脳に少し障害が残りました。ですが好きなことをする分にはある程度出来るまで回復しましたが数ヵ月前何かしらを印刷するためにプリンタを使ったようです。

その時紙詰まりを起こしたらしく通常であれば用紙の挿入口か出口から紙を引っ張るとかの処置だと気付くと思いますが父は何を思ったか分解したらしいのです。

もちろん私が見たときにはすでに無惨な姿…。ネジも行方不明だし少し挑戦してみたけど直すことはちょっと…。なので新しくプリンタ本体を買い換えることに。

ですが家にはモノを溜め込む性質のある父が買ったインクがたくさんありました。そのためそのインクの使えるものを…と思い家電量販店に行く用事もあったのでついでに見てみたのです。

そしたら最新のプリンタにインクの型番が合わず…。そりゃそうだ…5年以上前のプリンタだもの…。もっと前に気付くべきだった…アホな私です。

家にあるインクはかなりの量。ブラックだけでも10本以上あるのでは?とにかく大量でした…。

中古のプリンタ本体を探すかインクをどうにかするか…まだ悩んでいます。父親にもう溜め込むなと注意しましたが、無駄に頑固なので聞き入れないだろうなぁ…。

みなさんもインクの買いすぎには注意しましょう。
購入はこちら>>>>>ホビナビ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク